ことりのかけら

発見したこと気づいたことを発信中~帰国生・凸凹発達の教育情報も~

発達障害保護者にとって、専門家の支援の言葉さえもが刺さって痛い時がある


スポンサードリンク

f:id:korasophie:20180507165303j:plain

発達障害がメディアで特集を組まれたり、取りあげられたりすることが多くなっているように感じるのですが、興味関心があるからそう感じるのか、どうなのでしょう。

特集では、当事者の大変さや得意や不得意、上手くやっていくための方法などを紹介されていることが多いですよね。また、保護者や家族など周りの人の対応方法もよく質問されていて専門家が答えたりしていることが多いと思います。

こういう番組を観て感じることは様々。内容によっても変わりますが、その時の自分の状態によっても番組の受け取り方は違ってくるなあと感じています。

専門家に相談する前、専門家の支援を受け始めた時、1年後、3年後、5年後、10年後……。

 

私は当事者の親として、自分の子どもが幼児の時からずっとそばにいます。(親になる前は、自分が当事者の親になると思わずに当事者支援に仕事をしていましたが、凹凸っ子の親になるということは、支援とは全く別の次元だと実感しました。)

今回、私個人の感じたことを少し綴ってみようと思います。(他の保護者のみなさんとは違う感じ方をしているでしょう。これはあくまでも一個人の考えということで読んでいただければと思います。)

一般的な発達と異なるルートで子どもが大きくなっている。まわりの子と違う。上の子の時と違う。子どもの育ちを心配して、サポートが欲しくて、親は専門機関に足を運びます。

最初の頃は、本当にがむしゃら。毎日、何かをしなくては、教えなくては。専門書を読みあさる。専門家に相談する。仕入れた情報を参考にして家庭では、知恵と忍耐を振り絞って子どもと向き合う。 でも、スパルタにならないように、子どもが楽しい状態で成長できるように、母親はニコニコゆったり笑顔で……。

子どもはぐんと伸びるときもあるし、あまり変化がないときもある。

サポートしてくれる専門家の先生たちは、こう言います。

「ことりママ、すばらしいですね。いいお母さんをしていますね。お子さんのことをいつも考えてたくさん勉強されてますね。いろいろ経験させていますね。」

先生たちは、応援している気持ちを伝えようとしてくださっているのでしょう。わかります。

でも、こういう毎日がずーっと続くと、(私の場合は)もうずっごく疲れてしまいます。いつもいつもずっと頑張っていると、糸がプツンって切れてしまう。

あー、ただボーッとしたい。なんの心配もない世界に行きたい。 授業参観で自分の子どもをドキドキしないで眺めてみたい。ってね。

 

定型発達のお母さんでも、学業成績やスポーツ・芸術の成績などで、子どもの出来不出来親の点数をつけられていると感じることがあると思います。

でも、凹凸発達の子どもの親の場合、その回数が数倍増してくると感じます。

理由の1つは、関わる専門家の数が増えるから。

専門家の先生たちの言葉が、それが共感言葉であろうと誉め言葉であろうと、心に重くのしかかってきてしまう時があるんです。

その言葉は、面と向かってコメントされることもあれば、ほかの保護者のことが話題に上っているのを耳にするということもあります。

どちらにせよ、「お母さん度採点」の言葉。

 

 例えばこんな感じの言葉たち。

○○君のお母さんは、子ども対応に愛がありますね。

○○ちゃんのお母さんは、パニックの時ずっと笑顔で待っていた、すばらしい。

○○くんのお母さんは、専門的に勉強を始めたらしい。熱心ですね。

または、

○○くんのお母さんは、そのままの彼をすっかり受けれて愛している。なんて素晴らしい。

など。

 

こういう言葉が気になってしまう。

とりあえず、専門家や他人の前では、いいお母さんを演じなくては……となってしまいます。 演じるのは簡単です。何年も凹凸の子と一緒にいれば、どういう対応が専門家の人に受け入れられるかは、わかります。

 

そして、言われるわけです。

「ことりママって、すごいですね。」「よく頑張ってきましたね。」って。

いえいえ、私は演じてるだけです。全然すごくないんですよね。

 

実際は、子どもが調子の良し悪し、親の調子の良し悪し、いろいろな時があります。

確かに子どもは成長する。親だって少なくとも経験は積んでいく。親として子どもの成長が感じられて嬉しい時もあるけれど、足踏みしているように感じるときも多い。

そんな毎日の歩みに、点数をつけられていると感じるとつらいものです。

専門家の先生たちは、サポートしているつもりで、親の気持ちを理解しようというつもりでいろいろ話をしてくださるんでしょう。けれど、なんだろう、称賛や共感の子ど場でさえも、チクチクと心に刺さってしまうときがあるんです。知らなうちにできた擦り傷のように痛むんです。

 

演じなきゃいいでしょ、っていう話なのかな。なんでも、包み隠さずにそのままを伝えられる人間だったら私のように感じたりはしないのかもしれませんね。

 

この記事を書いた理由も、専門家にこうして欲しい、とかいうことがあるわけではないんです。 ただ、凹凸発達の子どもの親で、こんな風に感じる人もいるっていう発信をしたかったんです。

人と関わっていくのって本当に難しいなって思います。 親と専門家もそうですし、親同士、子ども同士、そして親子。 

 

成長の曲線は、らせん階段のように、ぐるぐると道草をしているように見えながら、ゆっくり上昇すると聞いたことがあります。 

誉め言葉や共感の言葉までも、時にチクリと刺さるように感じることも、らせん階段をのぼっていくうちに、少しずつ気にならなくなるといいのにな。

 

www.kotorino-kakera.com