ことりのかけら

発見したこと気づいたことを発信中~帰国生・凸凹発達の教育情報も~

「ぴょん吉」がやってきた!~電動アシスト付き自転車との生活~


スポンサードリンク

f:id:korasophie:20180129170203j:plain

ここ7年間、ずっと欲しかったものが、ついに私のもとにやってきました。

「ぴょん吉3号」です。

電動アシスト付き自転車です。

(私はモノに名前を付けるのが好きで、近年は自転車には「ぴょん吉」と命名しています。)

 

これまでの私の生活は……。

職場に行くため、駅前の自転車置き場まで、ペダルをこぐ毎日。

朝は気が張っているので大丈夫なんです。でも、問題は仕事を終えた「帰り道」。

坂道をフーフー言いながら自転車をこぐ。そのうちどんどん気が滅入ってくる時があるんです。毎日ではないんですけどね。心が弱くなってる時にね。

 

明日も、出勤日だなあ。

どうして今私はこの仕事をやっているんだろう。

もし、あの時自分が違う選択をしていたら、自転車で坂道をこぐ生活をしていないんはないか。(自動車のお迎えがくる生活をしてるんじゃないか)

全く別の生活している自分もいるのではないか。

今日仕事で頑張った代価は、全額教育費へまわるだよなあ。なんて、空しい。

自分で決めたことだけど、納得していることだけど、もうすこし欲しいもの買える自分がいてもいいんじゃないだろうか。

 

てな具合に。

もう、そういうサイクルに入ってしまうと、ただの気の弱い人間の頭の中ですから、どこまでも行くわけですね。マイナス思考が。自転車をこいでいる時間、ずっと。

 

そして、家の玄関で、(はい、こんなこと思っても仕方ない! 気を切り替えて!)

「 (笑顔で)ただいまーー。」

こんな毎日でした。

 

あの坂を後ろから「ぐっと」押してくれる「助け」があったら、私の人生はどんなにかバラ色になることだろうか!

妄想は、この7年間膨らみ続けていたわけです。

 

そんな私をずっと見ていた夫が、クリスマスに「ぴょん吉」を我が家に連れてきてくれました。 家計が自転車操業の我が家です。教育費に殆どすべてをつぎ込んでしまっているという「本当はやってはいけないやりくり生活」の我が家。車の運転が大好きな夫ですが、自家用車を持つことは諦めて経済的な「カーシェアリング」に切り替えて生活しています。

そんな夫が、クリスマスに自分のお小遣いを全部使って、私に「ぴょん吉」をプレゼントしてくれました。

『アシスト付き自転車を買おうと思ってる』と聞いた時は、やめて欲しいとお願いしたんです。自分の欲しいものを買って、と。それをしないなら、お金は教育費に回すべきだと伝えました。

しかし、「もう買うことに決めてるから」と言い続ける夫。 途中から、断りすぎると逆に夫のプライドを傷つけるのではないかと思い直しました。そして、素直に喜ぶことに決めたんです。

 

電動アシスト付き自転車「ぴょん吉」くん。

辛い時に、背中を押してくれます。ほんと、良い子です。

坂道になった時に、「誰かがやってきて、自転車を後ろからグンッと押して一緒に走ってくれる」そんな感覚です。 自転車が私のところに来る前に想像していた「バラ色の通勤路」が、本当にやってきました。

 

せっかく私のところに「ぴょん吉」をもらったのだから、私自身も仕事を頑張ろう、仕事以外ももっと頑張ろう、そう思っています。

 

最近の本当に凍えるような寒さの日でさえ、ぴょん吉と一緒に走る道はふんわりとピンク色です。