ことりのかけら

発見したこと気づいたことを発信中~帰国生・凸凹発達の教育情報も~

「大学受験の一人旅、泊付き(親の付き添いなし)」は珍しいようです。


スポンサードリンク

f:id:korasophie:20180117024908j:plain

このブログを読みに来てくださる方々の中で最近多いのが、「大学受験の親の付き添い」についての記事です。昨年、記事を書いたのですが、今回は、一年後の振り返りをしてみたいと思います。

 

娘のひなは、昨年一人で一泊して大学受験に挑みました。

女の子であること、土地勘のない場所での受験になること、寒い時期の移動になることなど、心配事がたくさんありましたが、親子で話し合って本人一人で受験することに決定したのでした。

試験が終了したその足で帰宅の途につくことになっていましたので、当然試験当日は荷物(コロコロ付きのスーツケース)を持っての移動。 駅のコインロッカーに預けるように伝えたのですが、大学まで持っていくことにしたそうです。 受験会場までの道のりも、受験会場でも、娘が目にしたのは保護者と一緒にいる受験生たち。 「コロコロ付きのスーツケースで受験会場にいた私は超目立ってた!」そうです。(保護者には待合室が設けられていたそうです。)

娘ほど、目立ってはいなくても、一人で泊付きで受験に臨んだ子は他にもいるはず。そう考えて娘に聞いてみました。

「他にも一人でホテルに泊まって受験した子はいたでしょ?」

すると、娘はすかさず言いました。

「そんな子、私の周りには一人もいないよ。この1年大学の友達と話していてもそんな子は一人もいなかった。ことり家って、めちゃ変わってるんだってわかったよ。」とのこと。

我が家でも、条件が違えば、娘の受験に私が付き添うことも十分ありえました。ですから、わからなくもないです。でも、私のの時代(遠い昔、昭和の終わりごろ)には、女の子でも男の子でも、高校生がホテルを予約して受験していた記憶があるのです。時代も変わったなあ、と感じます。

 

娘は、泊付き一人受験を通して、確実に自信が付きました。それはそうでしょう。彼女の周りの誰も同じことをしていなかったのですから。(周りを探せば、確実に同じように一人で受験した子はいると思うんですけどね)

 

以下に、我が家が娘の受験の時に気を付けた点を書いておこうと思います。

 

・体調を整えるために前日に気を付けることのリストを作っておく。

・もし体調が悪くなったら、連絡する先(大学入試課の電話番号)をメモしておく。

・試験会場になるべく近いホテルを予約する。

・受験生対応に慣れているホテルを選ぶ。

・当日、大雨、積雪などの悪天候にみまわれた場合、ホテルからタクシーを使っても行けるくらいの近さのホテルを選ぶ(1000円台で行けるところを探しました。)

・前日に、できれば会場に一度行っておく。

・交通系ICカードを準備しておく

 

子どもが付き添いを望んで、親も時間と経済的余裕があるならば、あえて「一人泊付き受験」をする必要性は低くなりますね。 親の安心度も一緒にいる方が格段にあがりまますしね。

 

今回は、娘の周りに「一人泊付き受験」をした子が一人もいなかったという事実にびっくりしたということをお伝えしたかったのでした。

そして、もし事情があって親が付き添えない状況にある方がいる場合は、ここにその経験をした者がおりますよ、お伝えしようと思い記事にしました。

korasophie.hatenablog.com